メインロゴ

家出人・失踪人調査 人探し尋ね人サイトは探偵に人探しや尋ね人/行方調査や捜索/相談依頼を考える方の全国対応サポートサイトです

元恋人の行方調査:探偵への相談事例 20年前の元彼に会いたい 所在・居場所調査(静岡県浜松市浜北区)

 2022-06-22

元恋人の行方調査:探偵への相談事例 20年前の元彼に会いたい 所在・居場所調査(静岡県浜松市浜北区)

忘れられない元恋人の行方を知りたい

どうしても記憶に残っている、時間が経っても気持ちの整理がつかない、突然いなくなってしまったまま連絡が取れないなど、元恋人に会いたくて悩んでいる方は少なくありません。

今回はそんな元恋人の行方調査について、探偵への相談事例を交えながら紹介いたします。


目次
・静岡県浜松市浜北区の元恋人の行方調査事例
・元恋人を思い出す瞬間
・元恋人の行方調査の注意点
・探偵への依頼時のポイント
・その他の人探し事例

静岡県浜松市浜北区の元恋人の行方調査事例

静岡県浜松市浜北区では元恋人の行方調査について、探偵に以下のような相談が寄せられました。

 

「20年前の元彼に会いたい」(50代・女性)
20年前に交際していた彼を探して欲しいです。昨年、私の大病が見つかり、この先が長くないことを医者に言われました。今、余生を主人と自由気ままに過ごしていますが、ふと一人になった時に20代後半から5年程、交際していた彼のことを思い出しました。順調に交際を続け、結婚も考えた彼でしたが私のわがままで別れ、そのまま音信不通になりました。年齢的に彼も家庭を設け、お子様もいらっしゃると思いますので、彼の家庭を壊すつもりはありません。ただ、彼にあの時のことを謝りたいだけです。彼が今、どこに住んでいるのかを調べて頂いた上でどんな生活をしているのか、こっそり調べてください。よろしくお願いします。


専門家の見解
初恋や昔の恋人探し調査は様々な年代の方からご相談を受けております。年月の経過とともに情報が古くなる為、古くなれば古くなるほど見つけ出すことは簡単なことではありません。しかし、お持ちの情報をもとに紐解いていくことが可能です。どんな些細な情報でも手掛かりになりますので相談時に整理しておきましょう。会いたい気持ちを叶える為には依頼者様のご協力が必要です。所在が判明後、どのように歩み寄るべきか、どのように接触するのかなどのアフターサポートも行っておりますので相談時にご相談してください。

元恋人を思い出す瞬間

元恋人の行方が気になるケースとして次の2つのパターンが考えられます。1つは「ずっと忘れられないでいる」パターン。

もう1つは「ふとした瞬間に思い出し、頭から離れなくなった」パターンです。

経験豊富な探偵ではどちらのパターンでも柔軟に調査対応してくれます。

元恋人を思い出す瞬間
・友人との会話に元恋人の名前が出てきた
・卒業アルバムを見返した
・街で元恋人に似ている人を見かけた など

依頼のベストタイミングは
「会いたい」と思ったとき

元恋人の状況は刻一刻と変わっていきます。また、お手持ちの情報も時間が経つごとに古いものとなり、正確性や有効性が落ちていくものです。

「会いたい」と思っているこの瞬間に行動を起こすことが何より大切。ただし、自分一人でできることは限られています。人探し専門の探偵を頼ってみてはいかがでしょうか
 

人探し調査について様々な相談が寄せられています。いま抱えている問題を解決するためには、ひとりで悩まず専門家へ相談することが大切です。相談するだけで解決方法が見い出せることもあるので、早めに相談をしましょう。

全国無料相談 フリーダイヤル0120-985-341

24時間対応

 

元恋人の行方調査の注意点

元恋人の行方調査を探偵に依頼する場合には、ある程度の情報を伝える必要があります。


調査費用や時間の低減、成功確率のアップにつながるのはもちろん、「行方を突き止めた後にどうしたのか」という、調査の目的を明確にする上でも情報整理は欠かせません。

 

元恋人の現状を知る
例えば、すでに結婚していたり、婚約者がいたりするなど、大きなライフステージの変化が元恋人に起こっている場合、共通の知人がその現状を知っているかもしれません。
そのようなケースでは、現状を知る以上の行動を起こすのは難しく、探偵への依頼が無駄になってしまうことも。可能ならば元恋人の現状を調べてみるのも状況を発展させる手段の一つです。


自力での調査はほどほどに
元恋人と復縁したい、昔と違った今の自分を知ってほしいと思い、自力で元恋人の行方を調査する方も多いのですが、これには注意が必要です。
やりすぎた調査はトラブルの原因になりますし、場合によってはストーカーとして訴えられることだってあります。

自力での無理な調査は百害あって一利なしなので、悩んだらまずは探偵に相談しましょう。
 

 

その他の人探し事例

当サイトには、家出人、失踪人探しを始めとする様々な尋ね人・人探しの依頼が寄せられています。

以下に相談事例を紹介しますので、同じようなお悩みをお持ちの方はぜひ、無料相談をご利用ください。

精神疾患を患っている娘が家を飛び出して行ってしまいました。心当たりがある場所にはいませんでした。最悪な事態になる可能性もあるのですぐ探して欲しいです。

 

夫が突然、仕事を辞め、家を出て行きました。多額の借金があることが判明しました。最悪な事態も想定していますが一刻も早く居場所を見つけて欲しいです。

 

10年ほど前に通っており、少し付き合っていたキャバクラ嬢と再会したい。今どこで何をしているのか、どこに住んでいるのか知りたい。

探偵への依頼時のポイント

元恋人の行方調査を初めて探偵に依頼される方は、
「本当に成功するの?」
「料金は高くない?」
など、様々な疑問や不安があることでしょう。

参考のために、探偵への相談、依頼時のポイントを紹介します。


情報はできるだけ多く、詳しく
・対象者の氏名(漢字、読み方)
・かつての電話番号、メールアドレス
・かつての住所
・職場
・出身学校

など、昔の情報でも構いませんので、知っている限りのことをお伝えください。

 

予算や見積もりはハッキリさせる
契約時に説明のなかった追加調査を無断で行い、見積もりと大きくかけ離れた料金を請求されたという事例もゼロではありません。
元恋人の行方調査はそもそも、費用目安に10万円~100万円程度と開きがあります。これは調査内容、期間、動員人数などによりコストに変化が生じるためです。
相談時に予算や希望金額を伝えた上で、納得した依頼を行いましょう。

 

調査のリスクなどについても説明してもらう
人探し調査は100%成功するわけではありません。またご希望によっては、お相手に警戒心を抱かれるなどのリスクが生じる場合もあります。誠意ある探偵会社なら、こういったリスクやデメリットまできちんと説明してくれるので、探偵会社選びの基準の1つになるでしょう。
 

探偵の調査依頼事例・体験談に関するご相談はこちら

 0120-985-341 24時間無料通話 ご相談窓口

【無料/匿名OK】今すぐメールで相談

「昔好きだった人 人探し」のテーマの記事