メインロゴ

家出人・失踪人調査 人探し尋ね人サイトは探偵に人探しや尋ね人/行方調査や捜索/相談依頼を考える方の全国対応サポートサイトです

ペット探偵 いなくなった猫を探す方法を解説 兵庫県川西市

 2024-02-26

ペット探偵 いなくなった猫を探す方法を解説 兵庫県川西市

■目次
【川西市相談事例】逃げてしまった猫ちゃんを探して欲しい
脱走した愛猫を探すためのガイド 兵庫県
いなくなった猫ちゃんを自分で探す方法 兵庫県
脱走猫に関する相談 事例 兵庫県
いなくなったペット探しに関するその他の事例
居なくなった猫探しを探偵に依頼するには? 兵庫県





【川西市相談事例】逃げてしまった猫ちゃんを探して欲しい

つい目を離したすきに...居なくなってしまったペット

探したけど見つからない...

一人で悩まずにペット探しのプロに相談してください

日本では月200件ほどペットが迷子になっているというデータがあります。大きな物音に驚いたり、小さな不注意からペットが逃げ出してしまうという事故は誰にでも起こりえます。ペットがいなくなってしまったらどうにかして探したいと思うものです。しかし、ペットの探し方を知っているという人は非常に少ないのではないでしょうか。

今回はペットを自分で探す方法やペット探しにおける探偵の活用方法などご紹介します。


猫ちゃんが いなくなる、逃げてしまう状況は下記のような状況が考えられます。こんな相談が来ています

恐怖やストレス:大きな音、見慣れない人や動物、家の中の急な変化などによって恐怖やストレスを感じた場合。


好奇心:開いた窓や扉から外の世界に対する好奇心が勝ってしまい、探検しに出る。


発情期:未去勢・未避妊の猫が発情期になると、配偶者を求めて外に出ることがある。


縄張り意識:他の猫の存在を感じたり、自分の縄張りを広げたりする本能による。


追跡本能:昆虫や小動物を見かけて追いかける本能により、気がついた時には遠くまで来てしまう。


誤って閉め出される:バルコニーや庭に出たまま、家族が気づかずに扉を閉めてしまう。


移動や環境の変化:新しい住まいへの引っ越しや家具の配置変更など、環境の変化に対する不安から。


食べ物を求めて:外にある餌やごみ箱を漁る習慣がある場合。


以前の住まいを求めて:引っ越し後に以前の住まいに戻ろうとする。


狩猟本能:狩猟本能に駆られ、外に出てしまうこともある。


これらの状況は、猫の性格や生活環境によって異なります。安全な環境を提供し、定期的に健康チェックをすることで、猫が逃げるリスクを減らすことができます。

 

『逃げた猫ちゃんを探したい』:相談事例

(60代 女性)


保護猫ちゃんを飼い始めました。家には何匹か猫ちゃんがいます。その保護猫ちゃんは家に来てまだ2ヶ月なんですが、ついうっかり勝手口のドアを開けたままごみを捨てたのですが、その隙に猫が逃げ出してしまいました。いなくなってから今日で3日目です。とても心配です。私自身でも探してみたのですが見つかりません。早く見つけたいので、今すぐ探していただけませんか?

専門家のアドバイス


保護猫ちゃんは、もともといた猫ちゃんと違う為、どこかしらの窓やドアが開いてるところがあれば出て行ってしまうことは多く見受けられます。また飼って2ヶ月という事っですので、元々いた猫ちゃんとの関係もまだ構築出来てないかとも思われます。

猫ちゃんには縄張り意識があります。また散歩コースがあったり、野良猫の場合は元いた場所に帰ろうとする習性もあります。

まずは警察に遺失物届を出しましょう。
自力で探すことが困難な場合はペット探しの専門家である探偵に依頼するのが確実でしょう。まずは専門家による無料相談をご活用ください。

1人で悩まずにまずはご相談ください




脱走した愛猫を探すためのガイド 兵庫県


脱走した愛猫を見つけ出すためのガイド

愛猫が家を抜け出してしまった際には、猫の本能と習性に精通していることが、猫ちゃんを見つけ出す上で極めて重要です。猫の捜索におけるプロフェッショナルである探偵が教える、効果的な探し方のエッセンスを紹介します。

夜間を活用する
「外に飛び出した猫は、夜行性の習慣に戻る傾向もあります。猫ちゃんの本能です。昼間の喧騒を避けるためで、人目につきづらい行動をとります。」そのため、プロの探偵は主に夜や朝方にも活動します。飼い主さんにとっては難しい時間帯かもしれませんが、夜や朝型の捜索も鍵を握ります。

家の周辺を重点的に調べる
室内で生活していた猫は、自宅の近くに隠れていることも多いです。「特に密集地域では隠れ場所が豊富なため、近所を徹底的に調べることも必要でしょう。」ですが、以前野良だった猫などは、より広範囲に移動する可能性や、また近くに野良猫などがいる場合、縄張りがありますので、やはり広範囲に猫の場所やまた過去も考慮する必要があります。

猫の目線で探索
「猫は思わぬ場所に潜んでいることがあります。」徒歩で探索し、猫が隠れやすい場所を注意深く見ていくことが大切です。家の軒下や隙間、屋根の上、猫の道がありますので、安全と感じられる場所を中心にチェックしましょう。

自宅周辺に猫砂を撒く
「猫は自分の匂いに安心感を覚えます。使用済みの猫砂を家の周りに撒くと、帰りやすくなることもあるでしょう。」ただし、他の猫が集まるリスクもあるため、状況に応じて使用してください。

落ち着いた声で名前を呼ぶ
脱走中の猫は神経質になっています。「穏やかで優しい声で名前を呼ぶことや、餌やりなどで声をかけてる声で呼ぶことが重要です。」緊張した声では、猫をさらに遠ざけてしまう可能性があります。

SNSやポスターを活用、そして配送屋さんや郵便屋に聞いてみる
「早期にSNSやポスターで情報を拡散することをお勧めします。」また普段その地域を配送している業者さんなど、また猫を飼っている、餌やりをしている人などに聞くことも良いでしょう。愛猫の写真や特徴を明確に伝えることが重要で、目撃情報が捜索を成功させる鍵となります。

このガイドは、愛猫を迅速に安全に家に戻すための助けとなるでしょう。冷静にそして着実に行動してください。大事な家族、一日でも早く見つけ出したいものですね。




いなくなった猫ちゃんを自分で探す方法 兵庫県

ペットの探し方としては大きく分けて「自分で探す」「保健所・動物愛護センターに連絡する」「警察に依頼する」「動物病院に連絡する」「探偵に依頼する」などの方法があります。

それぞれを詳しくご紹介します。

自分で探す
個人でできる探し方として
・掲示板などで呼びかける
・周辺に聞き込みをする
・チラシを配る
・行きそうな場所を探してみる

などが挙げられます。これらの方法のメリットとして費用がかからないという点が挙げられる一方で、「調査に時間がかかる」「成功確率が高くない」「情報の真偽を確かめにくい」といったデメリットもあります。

 

保健所・動物愛護センターに連絡する
保健所・動物愛護センターはペットを保護したり、目撃情報が寄せられたりします。 保健所によって違いはありますが、長くて1週間、短くて3日で処分されてしまいます。 そのため、「迷子届」を出すだけでなく、飼い犬の写真やポスターを送るのも有効です。 また、迷子を保護している人から「保護届」が出ている可能性もあるので、必ず連絡するようにしましょう。

 

警察に依頼する
遺失物届」を提出することで警察は無料で調査してくれます。しかし、迷子のペットが届けられた時に連絡するのが主な対応で、積極的な調査はしてくれないというデメリットがあります。

 

動物病院に連絡する
迷子になって怪我したペットが保護されている可能性があります。

 

探偵に依頼する
自力での調査よりも確実性が高く、警察と違い調査可能なケースが非常に多いという特徴があります。しかし、調査料金がかかってしまうので、「予算を決めること」「捜査が広範囲に及ばないよう、早めに相談する」ということが重要です。探偵のペット探しでは多くのペットが見つかってきている事例もあるだけにプロにお願いするのも1つの方法です

 

これらの探し方について、どれか1つを選ばなければならないというわけではありません。上手く組み合わせながら探し方を考えることが大切です。
 

ペット探しについて様々な相談が寄せられています。いま抱えている問題を解決するためには、ひとりで悩まず専門家へ相談することが大切です。相談するだけで解決方法が見い出せることもあるので、早めに相談をしましょう。

全国無料相談 フリーダイヤル0120-985-341

24時間対応




脱走猫に関する相談 事例 兵庫県

『家から出て帰ってこない猫ちゃん』(70代 女性)


飼っている2才の猫が家から出て行って帰ってきません。

他にも猫を3匹飼っていますが他の猫も外を出歩きますが、必ず夕方には帰ってきます。この子も散歩に行って自分で帰ってくるようになっていたので安心していましたが4日前から帰ってきていません、とても大事にしていた猫です。数日待ってみたのですが4日も経つと心配が増えてきました、保健所にも相談済みですが解決にはなっておらず、プロの方に手助けをしていただきたくご連絡しましたよろしくお願いします

専門家のアドバイス


自宅からペットが逃げ出したという相談は少なくはありません。猫が帰ってこない理由は様々あります。先ずは居なくなった際の状況や、居なくなった日の天候など詳細情報を整理しておきましょう。また、猫によっても様々な性格性質を備えており行動も様々です。4日以上経過していると帰巣本能といった本来あるべき本能を発揮して戻ってくるのは極稀なケースですが、未だ戻っていないことから一刻も早く探してあげないと猫ちゃんも不安になっていたり、野良猫の縄張りに入ると命に関わる怪我をしてしまいます。
自力で探すことが困難な場合はペット探しの専門家である探偵に依頼するのが確実でしょう。少ない情報からでも足取りを追っていき所在を突き止めることができます。まずは専門家による無料相談をご活用ください。

 




いなくなったペット探しに関するその他の事例

 

30代女性東京都あきる野市 タイトル:いなくなったペット探し
飼っていたウサギが逃げ出しました。都会で車も人も多くウサギだけで生きていけるとは思いません。今すぐ探して欲しいです。

 

50代女性 香川県高松市 タイトル:いなくなった愛犬探し
犬が散歩中に逃げました。人にはいっさい懐かないので、保護もされていないかもしれません。心配なので探してください。

 

60代女性 神奈川県横浜市 タイトル:いなくなった猫ちゃん探し
飼っていた猫が散歩から帰ってきません。探しに行ったのですがどこにもいませんでした。誰かに拾われたのか、事故にあったのか、とても心配です。探していただけませんか?

 

当サイトでは様々な居なくなったペット探し調査を承っております。

居なくなったペットでお悩みの方は気軽にお問い合わせください。
 

 




居なくなった猫探しを探偵に依頼するには? 兵庫県

ペット探しを円滑に進めるためには探偵や興信所に依頼する方が良いでしょう。「成功確率が高い」「警察が積極的に介入しない案件でも調査ができる」などのメリットがあるのがその理由です。

一方で注意点をきちんと踏まえておく必要もあります。以下のようなことに注意してください。

 

予算を決める
一般的に探偵のペット探しの費用は20万円~50万円、緊急性が高く情報が少ない場合には50万円以上と考えられています。しかし、調査にズルズルと時間をかけてしまえば相場より高い請求金額になることもあるでしょう。しっかりと予算を決め、「どのくらいの期間」で「どのような調査」が可能なのか事前に確認する必要があります。


些細な情報でも伝える
ペットを発見するためのカギは依頼人からの情報提供です。「こんなこと伝えても役に立たない」などと自己判断せず、知っていることは全て伝えることを心がけましょう。猫ちゃん探しの探偵は、その子の性格や普段の行動からプロファイルをします。いなくなる前の状況、他の猫ちゃんたちと仲、餌をあげている時間帯や、普段の状況など事細かに教えることが大事なことです。



 

探偵の調査依頼事例・体験談に関するご相談はこちら

 0120-985-341 24時間無料通話 ご相談窓口

【無料/匿名OK】今すぐメールで相談

「ペット 探偵」のテーマの記事

あなたのお悩みにプロがお答えします!24時間無料相談フォーム

【無料/匿名OK】24時間電話相談

0120-985-341

LINE/お電話でもご相談ください

家出人・失踪人や人探しに関する相談を24時間受け付けております。お悩みや状況、調査したい事柄などなんでもお聞かせください。調査費用のお見積も承っております。
LINEの無料相談窓口もご用意いたしております。
✔ 48時間以内に専門調査員よりご回答
✔ お問い合わせお見積もり無料
✔ 匿名OK/ご相談者のプライバシーを厳守
”家出というと子供のイメージでしたが、母の家出でお願いするとは思っていませんでした。痴呆の傾向が有ったにも関わらず事故や事件に巻き込まれていなくて本当に良かったです。(30代女性 宮本 真実 様/仮名)”
”息子が連絡が取れなくなり事故か事件かも含めて迷いましたが、まずはそれでも調査可能とのことでしたのでお願いしました。実際に調査をする方が事前に話を聞いてくれたのが助かりました。(60代男性 小林 大貴 様/仮名)”
”小学生時代の恩師を探したくわずかな記憶と当時の古い住所などからお願いしましたが、少ない情報にも関わらず見つけて頂き、感動の再会ができました。(50代女性 小野 明美 様/仮名)”
”学生時代の元彼のことがどうしても忘れられず、結婚前に区切りとして探していただこうとお願いしました。お互いに成長した姿を見られて、お願いして本当に良かったと思います。(20代女性 大山 結衣 様/仮名)”

残りの未入力項目

●入力してください
●入力してください
●入力してください
●入力してください●メールの形式が正しくありません
●入力してください
●入力してください
円くらい
●入力してください
※通信はSSLで暗号化し情報管理を徹底いたしております。
※お急ぎの方は電話でのご連絡をおすすめします。
※必須項目を入力いただくと、確認ボタンが押せるようになります。

残りの未入力項目